本文へジャンプ

複数シートを1シートに

アテンダントProとアテンダントの違い

 アテンダントProの画面
複数シートを1シートに 
 アテンダントPROの拡張部分

①指定した先頭行/列数をタイトル行-/列とし、2シート目以降は省く。
シートの先頭が同じタイトル行の場合、チェックを入れると2シート目以降のタイトル行を省きます。

チェックを入れた場合                      チェックを入れない場合
結果にシート名を付加




















②結果にシート名を付加

結果にシート名を付加
結果の上にシート名を表示します。









・一覧も出力

ハイパーリンク付き一覧作成
シート名一覧も作成します。
ハイパーリンク付きですので、クリックで該当データ位置にジャンプします。










・一覧にシート毎の行数/列数も出力
ハイパーリンク付き一覧作成
シート名の横に各シートの行数/列数を出力します。












③対象シート
 対象とするシートを指定する事ができます。

④拡張パラメータ
 文字列は3つまで指定可能
 大文字/小文字区別 半角/全角区別 完全一致/部分一致 の指定ができます。

 検索する列として、全列または指定列のみを指定できます。
 指定列のみの場合は、列を1つ指定する事ができます。


: 次画面で指定する検索指定Excelブッに指定した文字
  チェックを入れると f12:Excel出力クリック後下記画面が表示されます。

 検索文字/対象列を指定します。


○簡略表示で内容確認。(詳細はここをクリック
ブックを指定する場合、その内容をExcelを起動することなく、確認する事ができます。

○パスワード付きブックも処理する
 チェックを入れるとパスワード付きブックの処理時にパスワードを入力する事画面が表示されます。
 詳細はこちらをご参照下さい。


◎扱える列数
 アテンダント     255列
アテンダントPro  16000列

 上記以外の機能はアテンダントと同じです

アテンダントの機能はここをクリック