本文へジャンプ

重複行の削除

アテンダントProとアテンダントの違い

 指定画面
 重複行の削除 
 
 アテンダントPROの拡張部分

簡略表示で内容確認。(詳細はここをクリック
ブックを指定する場合、その内容をExcelを起動することなく、確認する事ができます。

○パスワード付きブックも処理する
 チェックを入れるとパスワード付きブックの処理時にパスワードを入力する事画面が表示されます。
 詳細はこちらをご参照下さい。

フォルダ/ファイル参照機能
フォルダ/ブック指定と融合して、一度指定したことのある各処理の処理結果と融合して、
素早く簡単にフォルダ/ブックの指定ができます。
(大きな画面はここをクリック)

処理方法
・重複行を削除する:重複行を削除します。
・重複行を非表示にする:重複行を削除ではなく、非表示にします。
・重複行に背景色をつける:重複行を削除ではなく、背景色を付けます。

指定した文字列を同一視
 例えば、
  大阪町と大阪まち
  06-111-2222と061112222
 を同一として比較する事ができます。

扱えるデータ行数
 2000行の制限が 100万行に拡張されています。
 (Excel2003 をお使いの場合は6万5000行までです)
  
 上記以外の機能はアテンダントと同じです

アテンダントの機能はここをクリック