本文へジャンプ

エラーセルの検索

アテンダントProとアテンダントの違い

 アテンダントProの画面
エラーセルの検索 
 アテンダントPROの拡張部分
①指定フォルダ/ブック
  Copyボタン
      今指定しているフォルダ/ブックを内蔵のクリップボードに記憶します。
      記憶したフォルダ/ブックは、他の処理の貼付ボタンで1タッチでフォルダ/バックに設定できます。
      同時に、テンプレートにも保存します。

  貼付ボタン
      Copyで貼り付けたフォルダ/ブックを一覧に設定します。

②対象シート
 対象とするシート名を指定する事ができます。
 例えば、指定したシート・一部が一致したシートをオプションで指定し
 請求   3月
 とシート名を入れた場合は、シート名に「請求」又は「3月」を含むシートが対象となります。
 請求書5月    「請求」があるので対象
 納品3月     「3月」があるので対象
 覚え書き     対象外

③エラーセルのあるブックを下記のフォルダに複写する
  エラーセルのあるブックを、指定したフォルダに複写します。
  すでに指定フォルダに同名のブックがある場合、上書きして置き換えるか、
  ブック名の後ろに連番を付けるかを選択する事ができます。

○簡略表示で内容確認。(詳細はここをクリック
ブックを指定する場合、その内容をExcelを起動することなく、確認する事ができます。

○パスワード付きブックも処理する
 チェックを入れるとパスワード付きブックの処理時にパスワードを入力する事画面が表示されます。
 詳細はこちらをご参照下さい。

扱えるデータ行数
 2000行の制限が 100万行に拡張されています。
 (Excel2003 をお使いの場合は6万5000行までです)
 上記以外の機能はアテンダントと同じです

アテンダントの機能はここをクリック