本文へジャンプ

絶対相対参照変換

アテンダントProとアテンダントの違い

 アテンダントProの画面
絶対相対参照変換画面 
 アテンダントPROの拡張部分
①指定フォルダ/ブック
  複数のフォルダ(サブフォルダも対象化か指定可能)/ブックが指定が可能。
  指定した文字列を含むブックのみ、又は含まないブックのみの指定が可能。
  統一された、指定フォルダ/ブックの選択機能でテンプレート機能による各種連動も可能。
  ※パスワード付きブックも処理する
   チェックを入れるとパスワード付きブックの処理時にパスワードを入力する事画面が表示されます。
   詳細はこちらをご参照下さい。

  
②変換できる参照の数
 アテンダントでの3000の制限は、アテンダントProにはありません。

○簡略表示で内容確認。(詳細はここをクリック
ブックを指定する場合、その内容をExcelを起動することなく、確認する事ができます。
  
 上記以外の機能はアテンダントと同じです

アテンダントの機能はここをクリック