本文へジャンプ

メニュー切り替え

アテンダントメニュー切り替え1

アテンダントメニュー切り替え2

ニューは2種類用意されており、それぞれ上部のメニュー切り替えをクリックする事により
切り替える事ができます。例えば、よく使われる複数ブックのシートまとめが一番上に表示されます。

通常メニュー
各処理が固定位置に表示されます。

スマートメニュー
各処理が使用回数の多いものから順に表示されます。
この回数は、メニューから呼び出した時に1づつアップされます。
表示に使用されている回数は、呼出回数調整をクリックして表示される画面で修正する事
ができます。
アテンダントメニュー切り替え3

・全ての呼出回数を0クリアする。
・選択している処理の呼出回数を0クリアする。
 選択している処理は、下に表示されます。(例では、複数ブックにかかる検索)
・選択している処理の呼出回数を指定回数分アップする
 アップした処理は一覧の上部に表示される事になります。
・全ての呼出回数を元に戻す。
 システムがカウントしている回数に戻します。