本文へジャンプ

重複文字列のフラグ付け

重複文字列のフラグ付け画面
機能

 付けたフラグをオートフィルタで絞り込めば、
 例えば
 大阪市中央区 という住所が重複している行を簡単に見つける事ができます。
 比較する文字列は3つまで列を指定する事ができます。
 複数の列は結合して比較します。比較結果は一番後ろの指定した列の右側に 列を追加して設定されます。
 また、各種同一とするオプションを指定する事ができます。
重複文字列のフラグ付けイメージ
指定した列の一番右に列を挿入し、0~Nの番号を付加しています。
0:重複しない行 
n:重複している行 同じ行は番号が同一
簡略表示説明4

パラメータ
・対象とする列
 重複を検出する列を指定します。
 複数列を指定した場合複数列の文字を結合してから重複の判定を行います。
・大文字/小文字 等比較条件を指定する事ができます。

拡張パラメータ
アテンダントではサポートされていません。

 アテンダントProロゴ  アテンダントProとの違いはここをクリック