本文へジャンプ

行の併合

概要
顧客マスターと購買情報の同じ顧客番号を併合したシートを作りたい。

※ 指定したシートの列をキーとして、他のシートのキーに一致する行をマージ(併合)したシートを作成します。
キーが一致せず併合できなかったデータは別シートとなります。

説明
行の併合画面


窓の杜様の記事はここをクリック

機能
指定したシートの列をキーとして、他のシートのキーに一致する行をマージ(併合)したシートを作成します。
併合対象のシートは2つまで指定する事ができます。
行の併合ロゴ
アテンダント出力見本2出力見本表示
Excelブック



アテンダント出力見本2画像出力見本表示
画像




基準/併合1/併合2ブック
□有効
 チェックを入れると指定したブックを処理します。
□このブックを基準とし、他のブックでキーがマッチする行を集める
 チェックを入れたブックが基準となり、この基準のシートの指定した列をキーとして同じ値をもつ併合対象のシートで一致する行を基準シートの最終列以降に併合します。
□対象シート
 対象となるシートを指定します。
□キーの列
 キーとする列をしてします。
□指定した対象行をタイトル行とする。
 チェックを入れると指定した行数分タイトル行とし、その行数分は比較せず無条件に併合シートに複写されます。
□セルに背景色を付ける。  チェックを入れると指定した背景色が背呈されます。

パラメータ
□パスワード付きブックも処理する
 アテンダントではこの機能はサポートされません。
□シート一覧は内容付き画面にする。(一覧表示は遅くなります。)
 アテンダントではこの機能はサポートされません。
オプション
□大文字と小文字を同一視する
 チェックを入れると英文字の大文字/小文字を同一として処理します。
□カタカナとひらがなを同一視
 チェックを入れるとカタカナとひらがなを同一として処理します。
□半角と全角を同一視
 チェックを入れると半角と全角を同一として処理します。
□空白を除いて同一視
 チェックを入れると前後及び間の空白を除いて処理します。
□併合できないキーがあるかチェックのみ行い、併合は行わない
 チェックを入れるとキーが一致しないものに指定した背景色をつけます。併合は行われません。
□併合データが複数あるときに基準シートにデータを補填する。
 チェックを入れると、同一キーの併合データが複数ある場合、基準データ部分の2つ目以降にキー内容が複写されます。
チェックを入れた場合
行の併合補填あり  
チェックを入れない場合
行の併合補填なし
 
□併合部分のキー列
 併合部分のキーの列を、表示する/非表示にする/削除する いずれかを指定する事ができます。
□タイトル行がある場合、キー部分に色を付ける。
 チェックを入れると、タイトル行(タイトル行の指定がない場合は1行目)のキー部分に指定した色を付け太字にします。

出力するフォルダ
  詳細はこちらをご参照下さい。

結果は別ブック名とする
チェックを入れると
Book1.XLS

Book1_併合後.XLS