本文へジャンプ

ABC分析の説明

ABC分析とは、商品等を売上高などの項目によって分類する方法です。
例えば、売上高の順に取扱商品を並べ、上位から
 ランク 売上高の割合 
 A  70%
 B  20%
 C  10%
のように分類します。
売上高以外にも、売上総利益や販売個数等でも同様な事がに考えられます。
ABC分析は商品管理ですが、RFM分析と連動することにより、
よく売れる商品をよく買ってくれるいいお客様というふうに、お客様分析にも使用できます。

下記の例では、前記のパレートの法則も適用される場合が多く商品数の10%の商品が売り上げの70%を占めています。
顧客分析用出力の選択
このAランクの商品は、売れ筋商品ですので、発注、在庫、販売などにおいて重点的に管理する必要があり、逆にランクCの商品は簡易な管理で良いということになります。

売れ筋商品を買ってくれるお客様にはどのような方がおられるのかは、RFM分析にAランク
の商品の購買情報を連動する事により行えます。

また
いいお客様Proでは、例えば下記の様に商品をグループ分けして分析する事ができます。
ABC分析グループ指定画面

? は全ての文字1桁を表します。
例えば下記のような商品コードがある場合
A00100X
C00300Y
A00100BBBX
D00200D
A00100B
E00100WE
E00100B

下記の様になります。
 A 頭1桁がAの商品 ???1 4桁目が1の商品  ???????B 8桁目がBの商品 
A00100X
A00100BBBX
A00100B
A00100X
A00100BBBX
A00100B
E00100WE
E00100B 
A00100BBBX