グループ分けのシミュレートの流れ

RFM分析いいお客様Proの機能として、グループ分けの最適値を見つけるシミュレート機能があります。
以下、操作の流れの概要を記載します。



シミュレートは、パラメータ設定画面でRFM分析でのグループ分け部分の「シミュレート」ボタンをクリックして下記画面を表示して利用します。



@基準となるグループ分け

シミュレートの基準となるグループ分けは、設定画面の値となります。



この値を基準として、自動増減させシミュレートします。
B出力する結果の調整



出力されるグラフの中に値を表示する/しないを選択します。
CF12:シミュレートをクリックして、シミュレートを開始する。

次画面でファイル名を設定し、実行キーをクリックするとシミュレートが開始されます。

D結果を見る

出力されたExcelブックで、結果を見ます。
人数/金額/回数毎のデータを見て、最適な人数等になるように段階を決めます。



例えば1段階上位が最適だとします。

E再度RFM分析を起動する。



「直前のパラメータのままで、RFMパラメータ画面へ直行」
を選択すると、RFM分析パラメータ画面に直行できます。

FRFM分析パラメータ画面で、「1つ上位」のボタンをクリックします。





RFM分析:いいお客様Pro
オズシステム製品情報