ファイルタイムスタンプ変更

概要

指定した各種複数ファイルの作成日付・更新日付を各種方法にて一括して変更します

説明
ファイルタイムスタンプ変更画面

機能
指定した各種複数ファイルのタイムスタンプを
・指定日付
・指定ファイルの中で一番新しい日付
・指定ファイルの中で一番古い日付
・指定時間数増減
で変更します。
ファイルタイムスタンプ変更ロゴ

指定フォルダ/ファイル
  詳細はここをクリック
  フォルダを指定した場合は、対象とする拡張子も指定します。
    指定しなければ全ての拡張子が対象となります。


処理オプション
□作成日付 □更新日付
チェックを入れたタイムスタンプ日付を変更します。

○指定日付にする
指定日を設定ボタンをクリックして設定した日時にタイムスタンプを変更ます。
ファイルタイムスタンプ変更日付設定

○指定分増減する
増減を指定し、その分日時を増分してタイムスタンプを変更します。

○一番新しい日付にする
指定されたファイルのタイムスタンプを調べ、その中の一番新しい日時にタイムスタンプを変更します。

○一番古い日付にする
指定されたファイルのタイムスタンプを調べ、その中の一番古い日時にタイムスタンプを変更します。

□処理後結果一覧を表示する
 指定した場合は処理後結果一覧を表示します。

□確認画面を表示せず実行する。
チェックを入れない場合、確認画面を表示します。
確認画面では、どのように分類されるかを確認でき、また不要なものを取り除くことができます。
確認画面

□処理後結果一覧を表示する
 指定した場合は処理後結果一覧を表示します。

□確認画面を表示せず実行する。
チェックを入れない場合、確認画面を表示します。
確認画面では、どのように分類されるかを確認でき、また不要なものを取り除くことができます。
確認画面


CSV処理の悩みを解決する無料ツール集:CSVのお供:アテンダントCSV


総合メニュー