本文へジャンプ
参照計算式等の変換複写削除
概要
社外に渡すブックは、参照式や計算式をとって値にして送りたい。時にはコメントやテキストボックスも削除したい。
いちいち操作するのは面倒だし、沢山あると忘れてしまう。
そもそもどのブックに参照式計算式/コメント/テキストボックスがあるか調べるだけでも面倒だ。


指定した複数フォルダ/ブックから一括して、参照式計算式/コメント/テキストボックス を削除します。コメントだけ削除する等削除するものを指定する事もできます。
また、これらがあるブックを指定フォルダに一括して複写する事もできます。
説明
参照計算式等の変換複写削除画面


機能
指定した複数フォルダ/ブックから一括して、参照式計算式/コメント/テキストボックス
を削除します。コメントだけ削除する等削除するものを指定する事もできます。
また、これらがあるブックを指定フォルダに一括して複写する事もできます。

参照計算式等の変換複写削除ロゴ









処理結果一覧も作成されます。
参照計算式等の変換複写削除処理結果

パラメータ
 □参照/計算式を値にする
  チェックを入れると、=SUM(A1:C1)などの計算式や=SHEET!(A1)等の参照式を、値に変換します。
 □コメントを削除する
  チェックを入れると、セルに設定しているコメントを削除します。
 □テキストボックスの削除
  チェックを入れると、テキストボックスを削除します。

 ○変換/削除を行う
  チェックをいれたものを削除/変換します。処理結果一覧も表示されます。
 ○変換/削除は行わず一覧のみを作成する。
  チェックを入れたものがあるシートを一覧を処理結果一覧として表示されます。
 ○変換/削除は行わず対象があるブックを出力フォルダに複写する
  指定フォルダにチェックを入れたものがあるブックを複写し、処理結果一覧を表示します。

オプション
・結果は別ブックとする
チェックを入れると
Book1.XLS

Book1.XLS        もとのブック
Book1_参照変換後   処理後ブック

入れない場合は
Book1.XLS

Book1.XLS        処理後ブック
Book1_変換参照前   もとのブック
という名前のブックが作成されます。

直前の実行結果を表示
 クリックすると、直前に実行し作成されたブックを表示します。

 アテンダントProロゴ  アテンダントProとの違いはここをクリック