本文へジャンプ

検査の作成:検査の問題数

検査作成時の問題数は






























5~25問の範囲で自由に設定する事ができます。







CP,NP,A,FC,AC,RC 毎の問題数となります。
例えば、RC 有りの場合で,7問と指定すると、検査全体では6×7=42問題となります。
少ない問題数では、正確さが低下しますが、検査にかかる時間は短くなります。
平均8秒とすると42問では336秒(約6分)となります。

逆にRC有り25問を指定すると150問隣、正確さは向上しますが検査時間は、約20分程度かかる事になります。
時間と正確さを考えて設定して下さい.。



ページTopへ