本文へジャンプ

複数ブック検索行の削除抽出

ds_ver
アテンダントProとアテンダントの違い

 アテンダントProの画面
複数ブック検索行の削除抽出の拡張部分 
 アテンダントPROの拡張部分

○パスワード付きブックも処理する
チェックを入れるとパスワード付きブックの処理時にパスワードを入力する事画面が表示されます。
   詳細はこちらをご参照下さい。

○簡略表示で内容確認。(詳細はここをクリック
ブックを指定する場合、その内容をExcelを起動することなく、確認する事ができます。

○画面で指定する検索指定Excelブッに指定した文字
  チェックを入れると f12:Excel出力クリック後下記画面が表示されます。

 検索文字/対象列を指定します。

○検索の指定列
 検索する列として、全列または指定列のみを指定します。
 指定列のみの場合は、列を3つまで指定する事ができます。

  
 上記以外の機能はアテンダントと同じです

アテンダントの機能はここをクリック